2018年 05月 29日

歯を削らない治療法「MI治療」とは?

こんにちは。藤沢の歯医者「おだがき歯科クリニック」の小田柿です。

今回は、「出来るだけ歯を削らない治療」についてお話をしたいと思います。

歯医者さんで一番よく行う治療は虫歯を削る治療なのですが、実は一度歯を削って詰め物を詰めると、詰め物と歯との境から虫歯が再発するリスクが高くなり、歯の寿命を縮めることになる場合もあります。
このため、痛みが強い場合や削らないと治せない大きな虫歯を除き、近年は出来るだけ歯を削らずに虫歯を治す「MI治療」が行われるようになってきました。

このMIとは、ミニマムインターベンション(Minimum Intervention)の略で、直訳すると「最小限の介入」つまり、「MI治療」=「出来るだけ歯を削らない治療」(全く削らないではないです)という意味になります。
従来までの虫歯の治療では早期発見、早期治療が基本で、小さな初期の虫歯を見つけると削って銀やプラスチックの詰め物をする治療が行われていました。
ところが、そのような治療を行った結果、多くの方が虫歯が無い健康な歯を維持できたかと言うと、必ずしもそうではありません。
むしろ、虫歯を削って詰め物をしたことによって、歯の寿命を短くしてしまった例も少なくないのです。
当院では、患者さんのお口の中がそのような結果にならないように歯ブラシ指導を行わせて頂いているのですが、頑張ってブラッシングしていたけれども残念ながら出来てしまった虫歯の治療を行う際には、この「MI」の考え方をベースに、診査・診断を行い治療計画を立て、勿論そうしないと逆に歯の寿命が短くなってしまうなど、泣く泣く歯を削らないといけないケースもあるのですが、出来るだけ歯を削らずに残す治療方法をご提案して、歯の健康を守ることを実践しています。