インプラント

当院では、ご自分の歯を残すための治療を心がけています。
ですが、残念ながらどうしてもご自分の歯を残せない場合においては、インプラント治療を提案致します。

インプラントとは?

インプラント写真

全ての医学分野において、人工の生体材料を身体に埋め込む治療の総称です。歯科分野においては、残念ながら歯を失ってしまった後に、生体親和性の高いチタンで造られた人工歯根を、顎骨に埋め込む治療を指します。

インプラントの構造

三つのパーツによって構成されます。顎骨の中に埋め込まれる人工歯根(インプラント本体)、インプラント体の上に取り付けられる土台(アバットメント)、歯の部分に相当する人工歯(上部構造)から構成されています。

インプラントの歴史

歴史は以外に古く、現在に通じるインプラントは1900年代初めに登場しています。
1950年代になると、スウェーデンの整形外科医であるブローネマルク博士がチタンと骨が結合することを発見しました。
1965年、ブローネマルク博士は、生まれつき歯のない患者さんのために、チタン製スクリュータイプのインプラントを用いた治療を初めて行いました。
入れ歯で悩んでいた方々にとって、インプラントは画期的な発明となり、日本でも1980年代から治療が行われるようになりました。

インプラント治療のメリット

  • 入れ歯と違い、残っているご自分の歯への負担が少ない。
  • ブリッジと違い、両隣の歯を削らないで済む。
  • 天然歯に近い機能を与えることが出来るため、しっかりものを噛むことができる。
  • 審美性の回復が容易に行える。

インプラント治療のデメリット

  • 手術が必要である。
  • 顎骨の量や性質の影響を受けるため、インプラントが長期間持たなかったり、場合によっては治療が出来ないことがある。
  • 治療期間が長い。
  • 自由診療のため、どうしても治療費が高額となる。

当院のインプラント治療

歯を失ってしまった場合には、様々な治療方法があります。どれが一番の治療方法ということではなく、当院では一人ひとりの患者様に適したベストな治療計画をご提案致します。
インプラントは素晴らしい治療法ではありますが、まずはご自分の歯を徹底的に残すことにこだわって、日々診療しております。

0466-47-8249
初診限定 24時間オンライン予約
2018年8月3日