2020年 02月 27日

新型コロナウイルスについて

こんにちは。藤沢の歯医者「おだがき歯科クリニック」の小田柿です。

いま、日本で広がりをみせている新型コロナウイルスについて、
未知のウイルスに対して過剰に不安や恐怖心を煽るようなニュースも飛び交っておりますが、
決して慌てたりせずに、冷静に状況を見極めて判断し、行動することがとても大事だと思います。

新型コロナウイルス感染とは、
ウイルス性の風邪の一種で、発熱や喉の痛み、咳が1週間前後続くことや、強い倦怠感(だるさ)を訴えることが多いことが特徴とされ、
感染から発症までの潜伏期間は1日~12.5日(多くは5,6日)と言われています。
重症化すると、肺炎となり、死亡例も確認されているので注意が必要です。
特に御高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすいと考えられます。

 

また、新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつると言われています。

飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、唾など)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付着します。それを他の方が手で触り、その口や鼻を触ることで粘膜から感染します。

 

日常生活で気を付けることとして、
まずは手洗いがとても大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前など、こまめに石鹸やアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブや手すりを介して他の方に感染してしまう可能性がありますので、必ずマスクを着用して下さい。

 

【患者さんへのお願い】

感染拡大防止の為に、
発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社をお休みすることに加え、
当院にて歯科治療の予約のある方は、電話にて連絡をして頂き、予約の変更をお願い致します。

また、現在症状がない方も感染拡大防止の観点から、
外出時はマスクを着用し、
公共の交通機関を出来る限り使わずに来院して頂き、
検診やメインテナンスなど急を要する処置内容でない方は、不要な外出を避けるため予約の日時を数週間遅らせることをおすすめ致します。

発熱やせき・息切れがあり、14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国したか、
または新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は、
必ず事前に最寄りの保健所あるいは医療機関に電話で相談し、
指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

以下に、厚生労働省が2月17日付で発表した、
「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」
について、転載致します。

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

2.帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安

○ 以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方

(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。 )

・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

○ なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場 合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

・ 高齢者

・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方

・ 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

(妊婦の方へ)

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)

小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

○ なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い

○ 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。

○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、 口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

Pocket