2020年 06月 16日

3DS治療

こんにちは。藤沢の歯医者「おだがき歯科クリニック」の小田柿です。

虫歯菌や歯周病菌などの細菌感染リスクを軽減し予防することが出来る、
3DS治療と言うものをご存知でしょうか。

3DS治療とは、
「Dental Drug Delivery System」の略で、

保険適応外の為に自由診療となりますが、
虫歯や歯周病のリスクが高い方に効果が期待出来る、お口の中の細菌の除菌を行なう比較的新しい予防方法のひとつです。

唾液検査によりお口の中で細菌が繁殖しやすいかどうか検査した結果、高リスクと判定された患者さんや、
細菌検査によりお口の中の歯周病菌の菌数が多いと診断された患者さんについては、
特にオススメしたい方法です。

 

治療方法は、

お口のクリーニングを行った後に、歯科医院やご自宅で薬効成分の含まれたジェルを専用のマウスピースに流し込んでお口に装着し、
むし歯菌や歯周病菌に直接作用させることで除菌を行い、処置後のプラークの定着を抑えるという治療法です。

むし歯や歯周病は細菌による感染症であり、歯ブラシをするだけでは効果としては限界があります。
中には、しっかり歯を磨いているのに、虫歯や歯周病を繰り返していまう方もいらっしゃいます。

そのようなケースなど、保険治療による歯周病治療が終了後、患者さんのお口の中の状況により、3DS治療による除菌効果を期待して、処置のご提案をする場合があります。

もちろん、虫歯・歯周病予防には、定期的なメインテナンスに加えて、ご自宅での毎日のブラッシングや食生活の改善(ショ糖の摂取制限など)が非常に重要ですので、これらの予防対策と合わせて3DS治療を行うことで、持続的な除菌効果が期待できます。

 

3DS治療について以下のような方には、特に推奨しております。

○むし歯、歯周病になりやすく、そのことで苦労されてきた方

○細菌検査の結果、虫歯、歯周病のリスクが高いと判定された方

○生涯、自分の歯を健康に保ちたいなど、予防に関心のある方

○矯正治療やインプラント治療を検討されている方

○妊娠中や授乳中でお子様をむし歯にしたくない方 (母子感染予防)