2020年 09月 13日

歯周病治療とセラミック

こんにちは。藤沢の歯医者「おだがき歯科クリニック」の小田柿です。

一生懸命に歯を磨いていたつもりなのに、虫歯や歯が折れたり割れたりなどしてしまった為に、
泣く泣く治療を受けて、前歯の被せものや、奥歯に銀歯が入っているという方は多いと思いますが、

当院を受診された患者さんのお口の中を検査しますと、これらを長期間使用した周辺の歯茎が腫れ、歯肉炎や歯周病になっているケースを度々見かけます。

歯周病は、ご存じのように痛みもないので知らない間に進行してしまいます。

特に長期間銀歯を使用していますと、金属が劣化して銀歯と歯茎に隙間ができてしまい、
その部分が歯周病になっているケースや金属が溶け出して歯茎が変色してしまっている場合があります。

当院では、
合わなくなってしまった銀歯により悪化してしまった歯周病を治療する為、
または、歯周病治療により良くなった歯茎の状態を維持する為に、
必要により、金属の部分をセラミックに置き換える事をご提案することがあります。

セラミックによる治療によって、
歯が持つ自然な透明感のある白い歯にすることが出来るだけでなく、

表面がなめらかなので、汚れがつきにくく、歯ブラシやデンタルフロスで汚れも落としやすいという特性があります。

金属と違い錆びたりなどの劣化が起こらず、その効果が長く持続する為、
虫歯が再発しにくく歯周病予防にも大きく繋がります。

また、セラミックの製作の過程においても違いがあります。

保険診療ではないので製作に使用する素材に制限がない為、
より精度の高い詰め物や被せ物を作ることができますので、
後々、製作物の隙間にプラーク(歯垢)が蓄積して虫歯になったり歯周病が発生する事を未然に予防する事ができます。

セラミック治療のデメリットとしては、

審美性に優れているだけではなく精度も高い治療の為、
銀歯のように素材が劣化して虫歯が再発するなどして、治療費が繰り返しかかってしまう…というリスクは少ないものの、
自由診療であるが故に、一回あたりの治療費が比較的高額であることや、

セラミックは、陶器と同じ系統の素材ですので、歯ぎしりや堅いものを噛むと割れたり欠けてし場合があることが挙げられます。

噛み合わせが強い方や歯ぎしりをされる方などセラミックが欠けてしまうリスクが高い方については、就寝中にマウスピースを使用して頂くなどして対策をとることをご提案しております。