2018年 05月 18日

痛みを軽減出来る最新の麻酔法

こんにちは。藤沢の歯医者「おだがき歯科クリニック」の小田柿です。

歯が痛い。だけど、歯医者さんで受ける治療も痛いし…
そんな事を想像して行く勇気がなかなか出ないという方はいませんか?

歯に痛みを感じたときはすぐに歯医者さんに行って治療をしてもらうのが有効です。ですが、治療中の痛みが気になり、不安を抱える方も多いと思います。

最近では、痛みを軽減できる最新の治療法が多くありますが、その中でも今回はこの麻酔注射についてお話しようと思います。

歯医者さんに来て一番最初に訪れる試練が麻酔注射ですよね。子供の頃虫歯治療を受けた時の麻酔の痛みが忘れられないなんて話はよく聞く事があります。

治療中の患者さんの痛みを和らげるために行うのが、部分的に痛みを鈍らせる局所麻酔なのですが、その中でまず行うのが、ジェル状の麻酔を歯茎の表面に塗布して、歯茎の感覚を麻痺させる「表面麻酔」です。
麻酔針などを刺す時のチクッとした痛みを軽減させる為に使用します。

次に、表面麻酔を数分効かせたあと、痛みのある部分の歯肉に直接麻酔薬を注射するのが、「浸潤麻酔」です。
昔はこの麻酔がとても痛みがあり、患者さんからは不人気な治療でしたが、当院では先程の表面麻酔をした後に、歯医者さんで使用されている麻酔針の中でも一番細い「33G」(直径わずか0.26mm)という針を使用する事で痛みも軽減されます。
更に、歯茎に麻酔薬を注入する時に、余計な圧力が加わると痛みも感じやすくなるのですが、電動麻酔器を使用することで、麻酔薬を注入する速度もコントロールできるので痛みのないように一定の速度で注入できます。

患者さんの不安を少しでも取り除けるよう、細心の注意をはらって治療に取り組んで行きますので、何かありましたら、一度ご相談頂けたらと思います。