2018年 05月 16日

江戸切子のだるまさん

こんにちは。藤沢の歯医者「おだがき歯科クリニック」の小田柿です。

今日は、大学時代の同級生がわざわざ東京から歯のクリーニングと治療を受けに来てくれました。

そのとき、開院のお祝いにとKAGAMI(カガミクリスタル) の“祝だるま”を頂いたので、早速受付に飾らせて頂きました。

この縁起もののだるまはガラス製の江戸切子で出来ているそうで、光があたるとなんだか神々しい感じがしますね。

なんとなくだるまというと、願いをこめて片方の目に墨を入れているのはよく見かけますが、このだるまはすでに両方の目が入れられた状態なんですね。
気になったので、調べてみると両目のだるまは“祈願成就確実の縁起祝い” として、広く永く幸福を願うものとされているそうでして、それ以外にも、その両目のしっかりとした眼差しで邪気を払う効果もあるのだとか。

皆様の身近な歯医者さんを目指して、頑張っていこうと改めて思ったのでありました。