2020年 05月 26日

2周年

こんにちは。藤沢の歯医者「おだがき歯科クリニック」の小田柿です。

5月も終盤に差し掛かり、新型コロナウイルスの感染状況は収束に向かっているようで、地域により最大1ヶ月半以上に渡って続いた緊急事態宣言は、本日より首都圏含め全国すべての地域で解除されることが発表されました。

今後、経済活動が活発化することにより、感染の第二波も予期されるため過度に気を緩めてはいけないとは思いますが、
少しずつ日常生活が戻ってきており、見えなかったトンネルの出口がなんとなく見えてきたように感じます。

当院の来月以降の診療体制につきましては、
患者さんが安心して治療を受けて頂けるように、
新型コロナウイルス感染防止対策として通常の感染防止対策に加えて行ってる取り組みについて、当面の間、継続を予定しております。

今週に入ってからは、年明け以降に定期検診やメインテナンスを予定していたものの、新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮して、時期を延期されていた患者さんの来院予約が、だいぶ増えてきました。

通常2~3ヶ月メインテナンスを推奨している中で、
元々3月上旬にクリーニングを予定していた方々の中には、半年振りとなってしまった方も多かったですが、
当院からの検診・メインテナンスのお知らせハガキを控えていたにも関わらず、
皆さんが虫歯や歯周病予防の為にと、忘れずに予約を取って頂けることを非常に嬉しく思います。

個室診療室

そんな、世の中が落ち着きを取り戻しつつある中、

診療が終わって自宅に帰り、ホッと一息ついた時、
いつの間にか当院は、開院して2年が経ち、3年目を迎えていたことに気がつきました。

通常とは異なる状況で迎えた年の節目、

依然として自粛ムードの続く中、軽度の歯周病治療や検診・メインテナンスの為に来院することは、不急の外出と言えるのかもしれませんが、決して不要なものではありません。
その必要性を患者さんが認識して、受診して頂けている方が当院には多くいらっしゃるのかなと、ここ数日感じています。

診療ブース

今年は、新型コロナウイルスの影響で毎年参加していた学会や受講予定のセミナーが中止になってしまいましたが、
外出自粛で時間が出来た分、例年より勉強の為に本を読む機会が増えました。

自分自身のスキルは勿論、歯科医院の質を高め、患者さんに提供できるようにスタッフ共々研鑽して参りますので、
これからも、おだがき歯科クリニックをどうぞ宜しくお願い致します。